Lucas Channel

自分らしい生活を記録していきますっ! from Whistler

セブ留学ーC2の学校紹介ー

セブ留学では、C2という学校を選びました。
理由は留学エージェントに紹介されたので。(笑)


この学校はセミスパルタです。
(何度も同じことすいません)
特色は1日に最大10コマの授業を取得できることです。
(12コマ可能なのかな?)
ディスカッションメインのモーニングクラス、
ディテーションメインのイブニングクラスが
無料で受講できます。
さらに土曜日も3コマまで無料で受講できます。


TOEIC(TOEFL)コースもあります。
先生がESLコースとは別みたいです。


私は一番料金が安いESL5だったと思います。
(留学エージェントにまかせっきりだったのであやふやです(笑))
1日に8コマ授業があり、そのうち3コマはグループレッスンです。
2コマは私のレベルに合ったグループレッスンだったのですが、
1コマだけビギナーレッスンでした。
そのおかげで、交友関係が広がりました(笑)
結果オーライです。
「人のふり見て我が身直せ」ってよくいうけど、
あ、文法間違えてるなって気づいたり、
言いたいことをくみ取って言い直すことができたり、
スピーキング・グラマーの力はつきました(笑)

*写真の右側の小さい男の子は親子留学をしていた韓国人マダムの息子さんです。
写真撮る際に飛び入りできてくれました♥


マンツーマンのクラスはやりたいことに合わせて先生が合わせてくれます。
日本人だなって思ったのは、面と向かってそれを言えないことです(笑)
私はバディティーチャー(生徒に1人につき担任がつきます)に
言って解決してもらいました(笑)

マンツーマンのレッスンが5コマあるのですが、
私の場合、リスニングがいらないなと思ったので、
バディティーチャーに相談してグラマーの授業に変更しました。
なので1日にグラマーのレッスンが2コマありました。
先生はやっぱりフィリピン人なので訛りが強い先生もいれば
ネイティブに近いアクセントもいました。
先生も生徒も含め、全員英語が母国語ではないのでそれぞれ癖があります(笑)
それがセブ留学の特徴でもありますが(笑)
アジア人がほとんどなので、授業が崩壊することなく
進む点は安心しました。
(フランス留学ではほぼ崩壊していました(笑))